こんにちは!

昨今はネット動画を目にする機会が増えてきましたね。

2005年に設立されたYoutubeをはじめとした動画配信も身近になっており、
SNSではFacebookLiveやinstagramのストーリーなどのサービスもできました。

また、動画が身近になることにともない、ネット動画の広告も増えてきました。

たとえば、Youtubeの配信が始まる前に数秒間の広告が流れてくることがあります。
その広告の名前をインストリーム広告と言います。

動画は文章や写真よりも多くの情報をコンパクトに伝えることができます。
そこで今日はこれから動画広告を作るにあたって、気をつけるべき3点をご紹介します。

動画スタート3秒で相手を引きつけよう

映画を見はじめると見入ってしまうように、
ネット動画も視聴者を巻き込んでいかなけれけばいけません。
よって初めの3秒で、「この動画の続きが気なる」ということが必要です。

長いテキストは不要

瞬時に頭に入ってくる言葉を選択しましょう。動画の一部としてすっと頭に入ってくることを意識しましょう。

テロップを入れよう

視聴者が動画を見るタイミングは様々。
スマートフォンで電車内で見ているかもしれない。
音声だけに頼ってしまうと、視聴者が見れる環境を限ってしまうので要注意です。

まとめ

動画撮影のノウハウはたくさんありますが、
撮影前の企画・シナリオライティングやディレクションも大事です。
次回は事前準備の部分に触れていきますね。