写真撮影・加工代行サービスに関する

記事がなにがいいかという事を最近考えています。

「切抜き君」の記事の内容・投稿をどうしようか日々悩んでいます。

そんな事を考えている時に、Facebookのタイムラインにログミーの下記の記事が流れてきました。
 

 

2015年4月に行われたマネーフォワード主催の「MFクラウドExpo 2015」において、ビジネス・ブレークスルー代表の大前研一氏が登壇し「『勝ち残る企業の条件』-クラウドが迫るマインドチェンジ-」をテーマに特別講演を行った内容から抜粋させて頂きました。



「起業家を育てるときに、意識していること。成功していく人と、そうでない人の違い」これは私も社外取締役をやってた、ナイキのフィル・ナイトの言ってることですけども、起業家として成功するのは簡単だと。成功するまでやることだと。そしたら成功すんだと。つまり、ネバーギブアップという、こういうことですよね。だからシリコンバレーに行くと、2年でダメなものはやめなっていうことを、最近は言ってます。あまりにも速いんで、さっきのoDeskにしても、Practice Fusionにしても、2年でもう収益モデルができあがって、めどがつくと。そういう感じですよね。クラウドワークスも今、3年目ですよね。そういうふうなところで、やっぱり勝負が非常に速くなってます。ですから、フィル・ナイトさんが言ってるような「勝つまでやりゃいいんだ」っていう時代とは、またちょっと、この世界では変わってきたなというふうに思います。特にうまくいく人って、失敗を2、3回してます。つまり最初からピューってうまくいっちゃうってのは、あんまりないと思いますね。

URL:http://logmi.jp/62633


 

 

切抜き君を運営するロックヒルでも、犬のメディアや、株式会社 ビットライズさんに事業譲渡をしました

コーディング君など多くのサービスをつくったり、つぶしたり、譲渡したりと

2009年の創業から様々な紆余曲折がありました。

写真撮影・加工代行サービスという領域に関しては

大手な会社含め6社程度だったのですが

先日、切抜き君のWebサイトのリニューアルを行うに辺り

写真撮影・加工代行サービスを行う会社だけで10社以上になり

クラウドワークスやランサーズ、ココナラだったりと

クラウドソーシング会社も参入してきており

プレイヤーは増えております

お陰さまで切抜き君の売上げも年々微増ながら増えております。

ただ、これから先近い先

10年先には写真撮影・加工代行サービスなども

クラウド化が進んだり、自動化されていくと思いますし

写真撮影・加工代行サービスだけでなく

ECも物流も大きな転換期をむかえている中

テクノロジーの波に乗りながら

最適なサービスを提案していきたいなと

今年はより多くの企業さんに切抜き君を活用してもらえる

取組みをしたいなと改めて思いました。