mon

 

GIMP」は無料で配布されているビットマップ画像編集・加工ソフトウェア。

特徴は無料とは思えないほど本格的な画像編集、加工ソフトです。

 

フリーソフトでありながら「Photoshop」シリーズなどの有料のグラフィック編集ソフトウェアと比べても遜色のないレベルの機能を備えています。


「将来的にはフォトショを使ってみたい。」という方も、Gimpの使い方をマスターしておけば、基本的なツールや操作方法が似ているので、Photoshopにも比較的スムーズに入っていけると思います。
 

レイヤー、トーンカーブ、ヒストグラム、画像の形状からの切り抜き、ブラシエディタ、パスの編集、多種多様なプラグインなどに加え、モザイク編集や、アニメーション合成(GIFアニメーション)を行うなどといったフィルタ機能も数多く備えており、これ一つで、ほとんどの画像編集は行えると思います。

 

「GIMP」ドットの集合体を組み合わせて使うペイント系ソフトウェアに分類されます。使い勝手が非常に手書きの感覚に近いです。癖がないため誰でも扱いやすく初心者~中級者の方にとっては「GIMP」はとめも適しているように感じます。

 

デメリットとしては、CMYKに非対応な点が挙げられます。gimpはウェブ用に開発されたソフトなのでRGBという規格にのみ対応していて印刷用のCMYKには対応していません。

 

ただ無料のソフトウェアでありながら、高価な「Photoshop」シリーズと遜色ない機能を有している「GIMP」。

 

無料の画像編集ソフトの使用を検討されている方には間違いなくオススメできます。

 

この記事を読んで「GIMP」を使ってみたい、興味をもったという方は

 

下記のリンクをクリックしてGimpの公式ダウンロードページへアクセスして下さい。

 


Gimp公式ダウンロードページ