①ペンツール

 

■ペンツールによる直線セグメントの描画

ペンツールを使用して作成できる最も単純なパスは直線です。ペンツールをクリックして 2 つのアンカーポイントを作成すると、それらのアンカーポイントを結ぶ直線が作成されます。クリックを続けると、コーナーポイントで連結された直線セグメントから成るパスが作成されます。

 

A. ペンツールを選択します。

B.ペンツールのポインターを直線セグメントの描画を開始する地点に移動し、クリックして最初のアンカーポイントを定義します(ドラッグはしません)。

注意:最初のセグメントは、2 番目のアンカーポイントをクリックするまで表示されません(Photoshop では、「ラバーバンド」オプションを選択するとパスセグメントをプレビューできます)。また、方向線が表示される場合は、ペンツールを誤ってドラッグしています。編集/取り消しを選択して、クリックし直してください。

 

C.次に、書き始めのセグメントを終了させる地点でクリックします(セグメントの角度を 45°単位に固定するには、Shift キーを押しながらクリックします)。

 

D.ペンツールのクリックを続けて、残りの直線セグメントのアンカーポイントを設定します。

直前に追加したアンカーポイントは常に塗りつぶしの四角いポイントで表示され、このポイントが選択されていることを表します。新しいアンカーポイントを追加すると、それまでに定義したアンカーポイントは白抜きの四角いポイントで表示され、選択が解除されます。

 

E.次のいずれかの操作を行って、パスを完成します。

クローズパスにする場合は、最初に作成した(白抜きの)アンカーポイントの上にペンツールを置きます。ペンツールを正しい位置に置くと、ペンツールポインターの横に小さい円  が表示されます。クリックするか、ドラッグしてパスを閉じます。

 

オープンパスにする場合は、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、すべてのオブジェクトから離れた任意の場所をクリックします。

パスを開いたままにするには、別のツールを選択することもできます。

 

 

■ペンツールによる曲線の描画

曲線が方向を変える位置にアンカーポイントを追加し、曲線を形成する方向線をドラッグすることで、曲線を作成することができます。方向線の長さと弧により、曲線の形状が決定されます。

 

アンカーポイントの数を少なくすると、曲線を編集しやすくなり、曲線の表示やプリントがより快適になります。ポイント数が多すぎると、曲線がでこぼこになることがあります。アンカーポイントの間隔を広く取り、方向線の長さと角度を調整して曲線を描くようにします。

 

A.ペンツールを選択します。

B.ペンツールを曲線の開始点に移動し、マウスボタンを押したままにしてドラッグします。

始点のアンカーポイントが表示され、ペンツールのポインターが矢印に変わります(Photoshop では、ドラッグを開始するまでポインターの形は変わりません)。

 

C.次にドラッグして、作成中の曲線セグメントの弧を設定し、マウスボタンを放します。

一般に、次に作成するアンカーポイントに向けて約 1/3 の距離まで方向線を引きます(方向線の一辺または二辺を後で調整できます)。

 

Shift キーを押しながらドラッグすると、ものさしツールの動きを 45 度単位に固定できます。

 

D.曲線セグメントの終点にペンツールを置いてから、次のいずれかの操作を行います。

・C 字曲線を作成する場合は、前の方向線とは逆の方向にドラッグします。その後マウスボタンを放します。

 

・S 字曲線を作成する場合は、前の方向線と同じ方向にドラッグします。その後マウスボタンを放します。

 

E.引き続き、別の場所からペンツールをドラッグして、一連の滑らかな曲線を作成します。アンカーポイントは、各曲線の頂点ではなく開始点と終点に配置されます。

 

F.次のいずれかの操作を行って、パスを完成します。

クローズパスにする場合は、最初に作成した(白抜きの)アンカーポイントの上にペンツールを置きます。ペンツールを正しい位置に置くと、ペンツールポインターの横に小さい円  が表示されます。クリックするか、ドラッグしてパスを閉じます。

 

オープンパスにする場合は、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、すべてのオブジェクトから離れた任意の場所をクリックするか、別のツールを選択します。

 

 

 

②フリーフォームツール

フリーフォームペンツールを使用すると、紙に鉛筆で描くように描画できます。アンカーポイントは、描画中に自動的に追加されます。描画中にユーザー自身がポイントの位置を決定することはできませんが、パスが完了した後でポイントの位置を調整することはできます。より正確に描画するには、ペンツールを使用します。

 

A.フリーフォームペンツール  を選択します。

 

B.マウスの動きや筆圧に対する最終パスの感度を調整するには、オプションバーのシェイプボタンの横の下向き矢印をクリックし、カーブフィットのピクセル値を 0.5 ~ 10.0 までの範囲で入力します。値が大きいほど、アンカーポイントの少ない単純なパスが作成されます。


C.画像内でポインターをドラッグします。ドラッグすると、ポインターの軌跡が線で表示されます。マウスを放すと、作業用パスが作成されます。

 

D.既存のフリーハンドパスの続きを描画するには、ペンのポインターをパスの終了点に移動してドラッグします。

 

E.パスを完了するには、ドラッグの状態からマウスを放します。クローズパスを作成するには、パスの開始点にラインをドラッグします。正しい位置にポインターがくると、その横に円が表示されます。