Photoshopはビットマップ画像と呼ばれる、ドット絵のような小さな四角形の集まりで画像を表現します。拡大すると、ドットの集合体であることがハッキリわかるようになります。

 

一方、Illustratorはベクター画像と呼ばれる、点座標や線の方程式で画像を表現します。ビットマップ画像と違い、拡大しても粗くなることはありません。